社交ダンスのリズム練習法〜社交ダンスが上手くなる方法〜

社交ダンスのリズム練習法 -誰でも簡単に楽しく踊れる基礎リズム編- 【SC0001】

社交ダンスのリズム練習法はどういうものなの?

 

貴方様はこの様な事で頭を悩ませていないでしょうか?

 

社交ダンスに関心を持ち、行なってみようかな、或いは既に始めてみた貴方様は、実はこの様な事で頭を悩ませていませんか?

 

例えば、まだ一切開始していない貴方様だったら・・・

 

「“社交ダンス”って実際のところどういった踊りなのだろう?」

 

「完全な素人だから、何から開始したら良いのか理解出来ない」

 

「公民館等でやってるサークル、若しくはダンス教室のどっちに行くべきだろう?」

 

「レッスンの雰囲気やトレーニングのきつさ等は、どの様な感じなのでしょう?」

 

「サークルや教室に足を運ぶにはどれくらい必要になりますか?」

 

「完全に無知ですけどトレーニングに着いて行けるかなあ・・・」

 

「おウチで行なえるレッスンて無いの?」

 

例えば、もう既にちょっと行なっている貴方様だったら・・・

 

「私だけが皆より練習が遅れている感じがする」

 

「リズム感が一切無いのが不安」

 

「何回行なっても足形が覚えられない」

 

「どういう訳か常にペアを組んでいる相手よりもワンテンポ早くなってしまう」

 

「あるいは遅れてしまう」

 

「ホールドした際の形やステップの足の出し方が他の方と違う感じがする」

 

「やり続けたところで上達出来ない」

 

仮に貴方様がこういった事で苦しんでいるのであればその悩みはあっさりと消し去る事が可能です!

 

社交ダンスは戦後あっという間に日本国内に広がって行きましたが、知る人ぞ知るスポーツですから、一番最初にどのようにして教わったら良いのか?何処に行ったら良いのか?果たして初めからサークルや教室に足を運んで良いのか?月謝はどれくらいなのか?

 

等々、どのようにして開始したら良いのかが分かりづらいのが現実なのです。

 

また、既にやり始めたとしても、突然サークルや教室に行った場合は、体を上手く揺らせない、ステップが上手に踏めない、リズムと体が合わない、覚えられない、要するに「出来ない」と言う事で自己嫌悪になってしまう方も少なくないみたいです。

 

しかしながら実を言いますとこういった悩みはあっさりと無くす事が可能なのです。

 

え?さっきからお前は一体誰なんだ、ですって?

 

これは大変失礼致しました。私の名前は、菅原 眞由(すがわら まゆ)と言います。

 

東京恵比寿のダンス教室で生徒を教えながら、自分自身もプロとして現役で選手活動をしております。

 

先生の先生が貴方様に直にお教えします!

 

どうして私が悩みはあっさりと無くす事が出来ると言ったのかと言いますとそのワケは私自身にあるのです。

 

どういう事かと申しますと、自分自身で言うのは少し言い辛いのですが、私自身がダンス講師に指導している講師だからなのです。

 

どういうことかと言うと先生の先生、なんですね。

 

要するに、全国各地に何千人も居るダンス教室の先生に対して、定期的に年に5回の講義をしております。

 

また講師に対しての個別指導は多い時で一週間に3名、手間暇かけて各地方から私の指導法を教わりに、東京恵比寿の教室まで足を運んで私の「教え方を指導しているのです」。

 

講師の人気と言うのは、一般的に競技会で好成績を収めている方程人気があります。

 

先生の先生が貴方様にじかにお教えします!

 

しかしながら、誤解を恐れずに申しますと、教え方が上手か否かと言うのは、競技とはまた別の話しになります。

 

現実に、格好良いから教室に足を運んだり、上手だからといって足を運ぶと、実を言いますと教え方はそれ程上手では無かった、と言う事が良くあるのです。(辛口でスミマセンね)

 

講師が指導方法を理解していないとどうなるのか?

 

現実に指導方法がわからないままに教えると主に自分自身の感覚を押し付けてしまうのですが、それだと生徒さんは間違いなくダンスが上達しないのです。

 

私が1対1で生徒さんに指導する際は、最初に生徒さんが何が知りたいのかを探ります。

 

健康の為にダンスを行ないたいのか、癒されにいらっしゃってるのか、上達したいのか、ただ単に私とお喋りに来たいのか。

 

また、その方のニーズに合った接し方を行なって、気持ち良くダンスを行なって頂く事によって生徒さんの才能を引き出してあげるのが我々の仕事になります。

 

けれども近頃の講師は、「貴方のレッスンて何処から始めてるの?」と聞きたくなる位、一番初めの一番重要な部分をすっ飛ばしてしまっている事が多いのが現実なのです。

 

これには、「間違いなく生徒を上手くする気あるの?」と私の方が反対にびっくりです。

 

私が良く、講師資格を持った方に指導する際には「この部分は、私が指導した事をそのまま暗記して、そのまま話なさい」というほど、確実に生徒にお話していただきたい重要な事が一つだけあるのです。

 

ダンスを開始するのに絶対にマスターしていただきたいのは、ズバリわずか一つだけなのです。それは果たして何でしょうか?

 

今から社交ダンスを行なってみたいと考えている方には見当がつかないと思いますが、既に開始している方であればとっくにこの壁にぶつかっていらっしゃるかも知れないですね。

 

また、この壁をしっかりと解消してからでなければどれだけ時間を費やしてステップを習得しても、全部が無駄になってしまうのです。

 

その社交ダンスを開始した最初に絶対にマスターしないと駄目な物とは果たして何なのでしょうか?それはリズムになります。

 

ひょっとすると、まだダンスを開始していない方は「そんなの当然でしょ」と感じたかもしれないですね。

 

しかしながら、既に社交ダンスをちょっとでも行なっている方に取りましては「仰る通り」と頷きたくなる最大の悩み所ではありませんか?

 

ステップが上手く覚えられないと言うのは時間だけ掛けたらどんだけ物覚えが良くない方であっても覚える事は可能です。

 

しかしながら、リズムについては、それこそ半年以上行っていたとしても行なえない方はいつまで経って行なえないのです。

 

であるからこそ、今から開始する方、また始めたばかりの方には、ここの部分を集中して体に覚えさせていただきたいと思っています。

 

社交ダンスのリズム練習法の公式サイトはこちらから

 

しかしながら、だからと言って何も難解なトレーニングや、何時間もトレーニングを行なう必要性はないのです。

 

社交ダンスのステップと言うのは見た感じ複雑ですけど、トレーニングを行なっていたらいつの間にか覚えていってしまいます。

 

けれども、リズムに関してはしっかりとしたレクチャーを受けない事には何時まで経っても良くなる事はないのです。

 

つい先程私の所に来られたダンス講師に「貴方のレッスンて、何処から始めてるの?」と聞きたくなってしまうとお伝えしましたね。

 

実を言いますと、私の元に指導法の相談で訪れる内の7割の方が、このリズムをちゃんとマスターさせる事にレッスンの時間を殆ど割いていない事に反対に私が驚いてしまったのです。

 

最も重要な事だというのに・・・。

 

例をあげると、「ルンバ」という名のダンスがあるのですが、これ等は「イチ、ニ、サン、シ」と言うカウントを行なう中で、普通の曲が「イチ」から踊り始めるのに対して、こちらの「ルンバ」のケースでは「ニ」から踊り始めるのです。

 

カラオケのデュエットをイメージしたら理解し易いと思いますが、本来「ニ」から歌い始める所を「イチ」から入ったら、一緒に歌う相手は困惑してしまいますよね?

 

また、一人で歌っているのであれば自分自身のタイミングで一呼吸置いて元のリズムに戻す事が可能です。

 

しかしながら、二人で歌っていたら、戻すタイミングが合わずに、中々合わせる事は簡単ではありませんよね?

 

また更に、二人の共同作業であるダンスのケースでは修正出来なくて、そのまま曲のラストまでズレっ放しで終了してしまう事も珍しくありません。

 

カラオケとダンスの違う部分と言うのは音楽を聴きながら、声を出すか体を動かすかの違いだけですから、リズムが取れない方は結局のところ、ダンスにおいてもズレてしまいます。

 

イメージして頂けたら理解できると思うのですが、途中で半歩ステップを踏み直してズラす、等と言う事はとても難解で、そうそう行なえる事ではないのです。

 

しかしながら、恐ろしい事にリズムが取れない方と言うのは意外たくさんいます。

 

「1 ・ 2 ・ 1 ・ 2 ・ 1 ・ 2・・・・・・・」と言うリズムの筈が、「1・2・1・2・1・2・1・2・1・2・・・・・・」という様に早くなってしまう方が非常に多くいらっしゃいます。

 

テクニック的な事はこの後にお伝えするとして、アマチュア競技会においてのルンバ等は1回15組で踊る内7組はズレておりますからね。

 

要するに参加者の半分はズレているということになります。

 

従いまして、このリズム取りを上手く行くだけで、それだけでアマチュアの上位50%に入れてしまうという事になりますよね。

 

「だけど、そんなに難しいのであれば実際に私にも行なえる様になりますか?」

 

貴方様がそのように感じてしまうのも無理はないですね。しかしながら、心配いりません。

 

私の指導においては、一切ダンスの事を分かっていない素人の方であってもリズムを取りながら踊れる様に変わる為のレクチャー法をちゃんと確立しております。

 

これはつい先程、講師資格を持った人に指導する時に「この部分は、私が伝えた事をそっくりそのまま暗記して、そのまま話しなさい」と言えるくらい自信を持っている指導法であって、こちらを教わった講師の人からも「かなり理解し易い」と評判の指導方法になります。

 

従って、仮に貴方様が一切ダンスを行った事が無かったとしても、反対に既にダンスを行なっていてリズム感が良くないとわかっている方であっても、こちらの指導法であれば早いケースでは1週間もしたら、アマチュアの上位50パーセントに入る事が可能な様になります。

 

そして、私が講師に指導する時に、「この部分は、私が指導した事をそっくりそのまま暗記して、そのまま伝えなさい」と教えている指導法を撮影してDVDに収めました。

 

今回のDVDの内容は実際に一切行った事が無い方であっても、1日わずか10分間目にするだけで、どれだけ名門なダンススクールに足を運んでも恥ずかしくないレベルのダンスが行なえる様になるのです。

 

要するに、まだ恥ずかしくてダンス教室に足を運ぶ事が出来ない貴方様であっても、取り敢えずおウチでこちらのDVDを確認して、社交ダンスのイロハを誰にも見られる事無くマスターする事が可能ということです。

 

現実に、社交ダンスに関心はあったとしても、「恥ずかしい」「自分に自信を持てない」「教室の雰囲気に溶け込めるだろうか?」等を不安に感じて、中々始める事が出来ない方がかなり沢山おられます。

 

私の生徒さんなどは、関心を持ってから取り掛かりるまでに1年要した上に、教室の前を3往復してようやく入った、何て方もいらっしゃるほどです。

 

しかしながら、こちらのDVDであれば届いた当日から踊る事が出来て、取り敢えずおウチでトレーニングをする事が可能なので他人に気兼ねなく、自分自身が自信を持てる様になるまで、きちんと私のプライベートレッスンが受けられます。

 

踊れる様に変わってしまったら、教室に溶け込むのも早いと思いますし、こちらのDVDを目にしたら、反対に早くサークルや教室に行きたくてウズウズしてしまうでしょう。

 

社交ダンスのリズム練習法の公式サイトはこちらから

 

 

社交ダンスのリズム練習法の内容を一部ご紹介します。

 

『ワルツ』in DISC.1  どなたでもラクラク楽しみながら踊れる基礎リズム編

ワルツのツール

 

ワルツの説明

 

ソロで行うリズムエクササイズ

 

ペアで踊る際の3つのルール(約束事)

 

ペアで行う為のリズムエクササイズ

 

ワルツの足形パート1

 

ワルツはパーティーや舞踏会で一番人気があるダンスになります。

 

通常4分の3拍子で演奏される優雅な音楽に合わせて踊ります。

 

ワルツにも3つの準備が求められます。

 

ワルツ特有の「強」「弱」「弱」って何?手拍子と足踏みを一緒にやりましょう

 

ワルツの基本的動作である右廻りをトレーニングしてみてください

 

左廻りでも行なってみてください

 

ペアで踊る為の3つの約束

 

ブルースとワルツの組み方の異なる部分とは?

 

ペアで組んで8の字を描いて下さい

 

8の字を後ろから見るとこのようになります

 

何処にお互いの脚が収まるとワルツ特有の上下運動がし易くなるのか?

 

ワルツの足形パート1を前からと後ろから確認してください

 

「音楽無し」「カウントのみ」で「男女ともソロの映像」のリズムエクササイズを確認する事によって自分自身のすべき動作がしっかりと理解できます。

 

良くあるワルツの組み方の良くない例とは?

 

in DISC.2 どなたでもラクラク楽しみながら踊れる基礎リズム編-『ジルバ』

ジルバジルバのツール

 

ジルバの説明

 

ソロでするリズムエクササイズ

 

ペアで踊る際のルール(約束事)

 

ペアで行う為のリズムエクササイズ

 

足形パート1&パート2

 

最初は「スイング」と言う名前で米国で大流行しました。

 

パーティー会場やレストラン等のスペースが無い場所でも移動をしないで気軽に楽しむことができて、軽快で楽しい音楽で4分の4拍子で演奏される音楽で踊るのです。

 

ジルバを踊る前の3つの準備とは?

 

ジルバ特有のカウント取り方と「スロー」&「クイック」とは?

 

両足を体の幅に開いてするジルバの基本的動作とは何か?

 

ペアで踊る為の3つの約束事

 

男性の左腕、女性の左右の腕の位置が今までのダンスとは異なります。

 

二人でするリズムエクササイズ2種類を講師のカウント付きで解説

 

足形パート1を色々な角度からお見せいたします

 

男性女性各々のソロを収録。一人でのトレーニングに適しています。

 

「音楽無し」「講師のカウントのみ」で踊る事によって「スロー」と「クイック」の減り張りがしっかりと理解できる様になる。

 

足形パート2は、パート1にウォークが入ります(2種類の角度から動画が確認出来ますから分かります)

 

男女どちらもソロでの動画を収録。相手が邪魔で確認する事が出来なかった細かい部分までしっかりと分かるから役立ちます。

 

音楽と共に講師がカウントを行なう事によってリズムが理解し易く頭に入ってくる

 

ジルバで女性が回転する際の男性のエスコートの秘訣とは?

 

こちらのDVDを手にする事によって貴方様は、今後、一生使い続ける事が可能なダンスのステップをマスターする事が可能になるのです。

 

また、貴方様は若々しさの秘訣である姿勢が改善され、音楽に合わせて体を動かす事によって、明るく晴れやかな気持ちで今後の生活を送れる様になるのです。

 

取り敢えず、85分掛けてこちらのDVDを確認して頂きたいと思います。毎日10分間ずつであっても問題ありません。

 

行なえても行えなくても1日10分DVDを確認しながら体を動かして頂きたいと思います。

 

これまで全然ダンスが分からなかったのであれば、1週間でダンスのステップのやり方が分かる様になるのです。

 

また2週間後には、DVDに収めてある内容をDVDを確認しながら一通り踊れる様になります。

 

3週間も経過する頃には、DVDを再生するTVの画面を見ずとも、私がカウントする声や音楽のみで、おのずと体が動かせる様になっているでしょう。

 

また、1ヶ月もする頃には、どれだけ有名なダンス教室に足を運んでも恥ずかしくないだけの社交ダンステクニックを貴方様はマスターしていると思います。

 

仮に、貴方様が既にちょっとでもダンスの経験があるのであれば、こちらのDVDを確認して2週間もしたら、貴方様と同時期にダンスを開始した誰よりも、綺麗にステップを踏む事が可能になって、ライバルを追い越す事が可能になると思います。

 

そして、こちらのDVDは経験があるがリズムが取れないで苦しんでいる方が見ても効果が期待できます。

 

収められている内容を取り組む事によって、今抱えているリーダーやパートナーと呼吸が合わないというリズムの悩みから脱する事が可能だと思います。

 

 

社交ダンスのリズム練習法の良くある質問について

 

実際にダンスを一切行った事が無い方であっても取り組める内容でしょうか?

はい、こちらのDVDの内容はダンスを目にした事が無い方にでも、わずか85分の動画と一緒に体を動かすだけで、社交ダンスの代表的音楽である「ブルース」「ワルツ」「ジルバ」「キューバンルンバ」を踊れる様に変わる為に作り上げられております。

 

従いまして、具体的に言うとダンスには関心があるが、はっきり言って、行なえる様になるか分からないから心配と言うのであれば、取り敢えずサークルや教室に足を運ぶ前にこちらのDVDで社交ダンスとはどういった物かを把握しておくのも良いと思います。

 

しかしながら、こちらのDVDを目にしたら最後、社交ダンスが面白くなってしまうはずです。

もう既にサークルや教室に足を運んでいる人間にも役立つ内容でしょうか?

通うペース次第ですが、ダンスを開始して半年以内の方にであればお役に立てる内容です。

 

と申しますのも、こちらでお教えするステップは、今後、一生貴方様が使って行く事が可能な内容になります。

 

社交ダンスを開始した方であれば間違いなくマスターしていただきたいと思っております。

 

また、収められている内容をマスターすると言う事は世界中、何処に出向いてもどなたとでも社交ダンスを踊る事が可能、と言う世界共通言語を手にした事になる、と言う事も付け加えておくことにします。

性別、年齢関係なく効果が見込めるメソッドでしょうか?

はい、効果を発揮します。実を言いますと私の生徒さんには90歳になる人もおられます。

 

当然これまでの積み重ねがあるので踊れる訳ですが、現在でもしっかりとした足取りでステップを踏んでおられますよ。

指導して頂いた事は直ちに行なう事が可能でしょうか?

当然今直ぐ取り組むことができます。こちらのDVDに収められているメソッドに取り組むのに時間は要りません。

 

DVDを確認しながら、今すぐにでも開始する事が可能です。

 

 

社交ダンスのリズム練習法販売者からのメッセージ

 

どうして、貴方様に今社交ダンスを推奨しているのかと言いますと、外から見ているよりも社交ダンスを行なうという事は貴方様の人生を輝かせる事が出来ると私が確信しているからなのです。

 

姿勢が改善され見た目が若々しくなるだけでは無く、ダンスを行なっているだけで内面もちゃんと若返って行くのです。

 

多分それはダンスが個人でするのでは無く常に相手が居ると言う事が要因ではないかと私は考えているのです。

 

手と手を取り合って、お互いにスキンシップを取りつつ一つの作品を完成させて行く。

 

そんなダンスの魅力をちょっとでもたくさんの方に広めて行くのが私が生涯を掛けて取り組む使命なのではないかと最近感じるようになったのです。

 

またこの度、社交ダンスの素晴らしさと人生を豊かにするチャンスを小さな不安やちょっとの心配で棒に振ら無い様に、私はこの度、貴方様が取り敢えずこちらのDVDを手にして貰える様にしたのです。

 

具体的には、万が一貴方様がこちらのDVDを見ても社交ダンスが上手に踊れないという際には、60日以内であれば何時でも返金をさせてもらいます。

 

これで経済的なご負担は最小限になると思います。

 

貴方様はこちらのDVDを手にする事によって、ダンスが上手に踊れる様に変わるばかりか、ダンスは行なわない方よりも満ち足りた人生を送る事が可能だと思います。

 

また、それが本当か否かを取り敢えずご確認頂けます。

 

決断を迷うのであれば、お急ぎ頂きたいと思います。

 

それが、貴方様に取りまして一番賢い選択になります。

 

社交ダンスのリズム練習法の公式サイトはこちらから